あと5秒

毎年恒例の箱根駅伝。青山学院大学の総合4連覇で幕を閉じました。

本当に強かったですね~。往路は「あれっ?」と思う感じでしたけど、6区山下りで逆転してからは圧倒的でした。

 

さて、私が毎年駅伝を見ていて涙なくして見られないシーンは、「無念の繰り上げスタート」。中でも、中継所に選手が走ってきて、目前で次走者がスタートしてしまうというのは、見ていて本当に切なくなります。今年も、戸塚の中継所での國學院大學のタスキが途切れてしまったシーンがそうでした。ホントあとわずか、5秒、20メートルが近くて遠い空間でした。

 

考えてみれば、事業の承継も同じではないかと。これまで紡いできた事業というタスキを途切れさせずに繋いでいく。最後の最後で時間が足りなくなってしまって、うまく引き継げなかったということがないように、専門家として経営者の皆様方をサポートしていきたいと、(半ば強引ながら)箱根駅伝を見て気持ちを新たにしました!