寝言で目覚めた(笑)

久々にやってしまいました。もう少しゆっくり眠っていられたのに・・・。

まぁ、内容にもよりますけど、これで目覚めると笑っちゃうしかないので、ある意味では爽やかな目覚めですね。

 

さて、その寝言。「SWOT分析で考えると・・・」。おいおい、研修中とはいえ、どれだけ真面目なんだ?(笑)

 

このSWOT分析とは、企業や個人が有している内部要因を「強み (Strengths)」と「弱み (Weaknesses)」に、また、企業や個人を取り巻く外部環境を「機会 (Opportunities)」、「脅威 (Threats)」 の4つの切り口から分類して経営戦略等を策定する材料を見つけ出す手法です。企業分析の入り口としてポピュラーな手法です。

 

実際の場面で、私は、いきなり「強みは何ですか?弱みはどこですか?」とは聞かないよう意識しています。経営に悩みを抱える経営者の方、こういう聞き方をしてしまうと「うちに強みって言われてもね~」と困った顔をされる方が少なくありません。

 

ということで、まずは、「強み」とか「弱み」という色分けせずに現状について事実を数多く引き出すことを心がけています。その上で、「これはどっちだろう?」って分類するわけです。

 

その際には、1つの「弱み」と思われる事実でも別の見方ができないかを考えています。「コップにはもう半分しか水が入っていない」と見るか、「コップにはまだ半分も水が入っている」と見るかはよく引き合いに出される例ですが、もう1つ「コップにさらに半分の水を入れられる」というのもあるかな~と考えています。

 

さて、認定支援機関研修も中日。今日から経営改善計画策定に入ります。今日も気合を入れて頑張るぞ~!