聞きたいこと

いや~、最近は電車のダイヤ乱れが良く発生しますね。乗換案内アプリで運行情報通知を設定していると、「あっちで止まった」、「こっちは遅れた」という通知がバンバン飛んできます。駅に行ってダイヤどおりだとラッキーなんて思っちゃいます。あっ、これ鉄道事業者を非難しているわけではないです。まぁ、これだけ乗り入れが多く複雑になると運行管理は大変だなぁ~と思いをはせております。はい。

でも、今日明日は泊まり込みの研修なんで、ダイヤ乱れは全く無関係です(笑)。

 

さて、ダイヤが乱れたときのアナウンス。

「ただ今、山手線は20分遅れで運行しております。お客様には大変ご迷惑をお掛けして云々・・・」と流れるわけですが、これが気になるんですよね~。

山手線に乗る際、何時何分発を気にする方っています?たしかに1時間に2本とか3本だったら何分遅れかは大きな問題ですけど、山手線のように2分おきくらいにバンバン走っていれば気になりませんよね。

むしろ聞きたいのは、ダイヤが乱れたことによって、通常20分のところが何分掛かるのか、30分?40分?ということが聞きたいんですよね。少なくとも私は。この情報がないと駅間で停車するたびに「またか~、いつになったら着くんだ!」とイライラが募ってしまうわけです。

 

これって、昨日のブログに書かせていただいた視座の問題でしょう。たしかに車掌さん、一所懸命にアナウンスしてお詫びしておられますけど、運行側の立ち位置でのメッセージなんですよね。だからこれを乗客目線で考えることが必要かと。異常事態に対処されているけれどその労力が乗客に伝わらない。もったいないですよね。

 

こんなこと感じる私は偏屈なのでしょうか・・・。