視野が開ける

いや~、今日の東武東上線は一日中大変でしたね!朝のみならず夕方にも人身事故。かなり影響が出たのではないでしょうか。運行管理の方々、沿線利用者の皆様、お疲れ様でした。


さて、スマホのニュースを見ていてふと目に留まったWeb Number の記事というか広告。

日本を代表するウィング山田選手のインタビューです。


ボールを持って視野が広がるというか走るコースが見えるなんて!私なんぞは1試合にボールに触れられるのはほんのわずか。学生の頃なんかは、「余計なことするな~!」ってボールに触らせてもらえませんでしたorz 。

そんななので、ボール持つと嬉しくなっちゃって一直線しか見えないんですよね…。まぁ違う意味で走るコースは見えてます、はい。


そこでいつも思い出すのが、大学4年の対抗戦での筑波戦。たまたま密集からボールが私のところにポロッとこぼれてきて、何故か一瞬独走状態になっちゃったんです。もう回りなんて見えない見えない(笑)。「よ~し、前に立ちはだかるバックスをぶっ飛ばすぞ~!」と突進しかけたところで後ろからタックル。見事にノックオンしてしまいました…。横に付いていたバックスもいたらしいんですが、全く視野に入ってなかった。


というほろ苦い青春の思い出ですけど、診断士の仕事においては視野を広く持たないといけないと気を引き締めました!