そうですね~

いや~、アマゾンの荷物のコンビニ受け取りってホントに便利ですね!よく考えないでいつも自宅受け取りにして、不在票見ながら「え~、次に配達時間中に帰宅するのは・・・」なんて無駄な労力使っていました。駅・自宅間のコンビニでの受け取りにするとロスもないですし、これから多用しようっと。今更ですが。それにしても、今やコンビニって生活に欠かせないインフラですね。これも今更ですが・・・orz。

 

さて、某SNSの投稿で見かけましたが、インタビューされた際の返答第一声って、いまやほとんど「そうですね~」で始まりますよね。これ私も気になっているんです。元々は聞き流していたのですが、ある日愚息が「今のインタビューって全部『そうですね~』ってアホみたい」って言ったんですよね。たしかにそう思って聞いているとそのとおり。いや~、感心感心。

 

まぁ、受け答えの最初が「え~」なんて始まるよりは丁寧な感じもするので多用されているんでしょうけど、よくよく考えてみると「何が『そう』なの?」ってなりますよね。そこまで考えるのはひねくれ者?

別に1~2秒考えって黙っていたとしても特に違和感はないんですよね、実際に聞いている方としては。ただ、話す側としては意外に1~2秒の沈黙って長く感じてしまったりします。だから繋ぎ言葉として「そうですね~」って挟んじゃうんでしょうね。

 

と偉そうに書きながら、私自身も無くて七癖、きっと気付いていない口癖ってあるんだろうなと、一応は気にしています。かつて言われたのは、前のテーマを受けて、つなげる話初めに「で、」って始めてしまうこと。あと最近家で言われるのは挟み言葉で「まぁ」。家だとリラックスして喋っているんだから大目に見ろよ~、と思わないでもないんですが、やはり気にしていないと癖になってしまうんで、極力使わないようにしています。と書いて気付いた!前の段落の書き出しが「まぁ」になっている!

これはいかんですね~。

 

やはり中小企業診断士は、相談者に向かい合って言葉で伝えるのが大事な仕事。きちんと分かりやすく、曖昧にならず、かつ、冷たい感じではなくキレのよい話し方を意識しないといけないですね。日々鍛錬、鍛錬!